ランエボ9でワンコ連れキャンプ

はるの川音の郷キャンプ場でドッグランキャンプ

応援クリックありがとうございます! にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

2014/01/11~2014/01/13まで2泊3日のキャンプに行ってきました。
まずは名神高速に乗っていつもどおり吹田SAで夜食。
s_写真 2014-01-10 23 06 21
さすがに静岡まで行くなら夜から出たほうが楽ですからね。

それから無心でクルマを走らせ、この日の車中泊場所は新東名の浜松SAにしました。
そこで朝ごはんを食べました。
NEOPASA浜松上り線のバルボアで朝カレー

このSAにはドッグランが設置されていましたので、朝食後にお犬様たちをしばし遊ばせました。
s_写真 2014-01-11 8 05 00

s_写真 2014-01-11 8 05 04
ここでちょっとした忘れ物が発覚しました。一眼カメラのSDカードを忘れましたw
ちょうどブログを書くためか何かで家のメインPCに刺さったままです。

というわけで急遽電気屋さんを探すが、なかなか見つからない。
ナビとスマホを駆使して少し離れた場所に大型のショッピングモールを発見したので
そこに行ってきました。そこで食料の買い出し、SDカードの購入とおやつを食べました。
浜松発の新食感スイーツ アイスコルネット

そんなこんなで毎回良くトラブルに見舞われますがキャンプ場へ到着。
静岡県浜松市にあるはるの川音の郷キャンプ場。今回はドッグラン内でテントを張れる
サイトを選択しました。

受付を済ませてサイトへ案内してもらいます。

めっちゃ広いです。そしてドッグランですからちゃんと柵もあり、
ワンコのことを気にしなくて良いのですごく気楽。ですがとりあえずテント設営までは
おとなしくしてもらいます。
s_P1110001

s_P1110010

ラン母さんにはレナを見てもらっていました。
s_P1110007

s_P1110005

s_P1110002

テント設営が終わったらちょっと周りを写してみました。
コレはサイトから見える管理棟です。
s_P1110011

このサイトは道路側に面していますので、実は通るクルマからサイトは丸見えw
s_P1110012

辺りは山に囲まれています。
s_P1110013

サイトの広さはこの写真で少しは伝わるでしょうか?
s_P1110015

s_P1110030
ドッグランとして使えるスペースですから、物のサイズなんて全く気にしなくてOKです。
大掛かりな道具も何でももっていけます。

更にサイト内にトレーラーハウスもありますので、テントじゃなくてそちらを使うこともできます。
まあ追加料金はかかりますけどね。
s_P1110016

せっかくのプライベートドッグランなのでちょっと走らせてみました。
s_P1110017

s_P1110019

一息付いたらトイレに行きました。トイレは管理棟横にあります。
s_P1110021

そんな訳でBBQを開始します。
s_P1110024

今回は買い物した場所がショッピングモールということもあって、
ソコソコ良い肉が買えました。
s_P1110025

s_P1110026

s_P1110027

s_P1110031

いつもはBBQの際にはお犬様はペグにつないでいるか、テント内に収容
していますが、今回はドッグランなのでフリーダム状態です。

食べている時にもめっちゃ寄ってきます。
s_P1110032

s_P1110035

s_P1110036

BBQの締めはこの間覚えた焼きガニです。
s_P1110037

s_P1110039
やっぱりBBQで焼きガニは旨いですね。

暗くなる前に薪を買いました。
s_P1110028
管理人のおじさんが持ってきてくれました。

そして焚き火。さすがに1月の静岡はめっちゃ寒いです。
s_P1110044

s_P1110043

焚き火が終わったらテントに入り晩御飯。カレーです。
s_P1110046

s_P1110047

s_P1110049

外と中の温度差でカメラが曇ってしまいました。
そんな感じで初日は終了。割りとトラブルが多かったです。

あ、そういえば重宝していたツーリングテーブルがぶっ壊れました。
s_写真 2014-01-11 14 44 30
所詮中国か韓国製の量産型ですからね。

今回のキャンプ記事一覧です。
1日目 はるの川音の郷キャンプ場でドッグランキャンプ ← 今見てる記事はこれ
2日目 はるの川音の郷2日目 まさかの○○○キャンプになる
3日目 はるの川音の郷3日目 テントが○○○にまみれる


面白かったならクリックお願いします にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)