ランエボ9でワンコ連れキャンプ

サイトの真裏で釣りができる南淡路シーサイドキャンプ場に行ってきた

応援クリックありがとうございます! にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

淡路島にキャンプに行きました。これは道中の車内の様子。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_犬服

今回の犬服は「魔犬」と「ねこ組」です。

キャンプ場の入場時間が13時からなので、それまでは時間をつぶします。

淡路島の最南端の道の駅うずしおに行きました。
道の駅うずしお_鳴門大橋

鳴門大橋?があります。そしてここの名物はその名の通りうずしおが見れることです。
道の駅うずしお_渦潮

それともう一つはたまねぎソフトです。
道の駅うずしお_玉ねぎソフト

思ったほどとびぬけた味ではなく、ほのかに玉ねぎでした。美味しいかと聞かれれば・・・微妙。

ここで自宅のお土産にかますの一夜干しを買いました。

母親が買い物に行ってる間、僕は犬のお守をしてました。
道の駅うずしお_同じ方向を向く犬たち

そしてキャンプ場の受付時間になったので入場。

今回行った場所は南淡路シーサイドキャンプ場です。

僕は15番のサイトをゲット。海の正面です。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_釣り場

キャンプと釣りの両立にはかなりの好ポジションです。

とりあえずタープとテントを立ててBBQ開始です。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_BBQ

今回はスクリーンタープのデビューだったので、何気に時間がかかりました。しかも海からの風がかなり強かったので、大変でした。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_タープ内

そして後ろから見るとこんな感じです。テントがしょぼい。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_テント連結

タープはこの間買ったコールマンのやつですが、テントはコーナンです。

もっと良いテント欲しいなと思ってみていました。この時は後に起こる悲劇など知る由もなく・・・

しばらくBBQを楽しんでキャンプ場内を散歩しました。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_テーブルとベンチ

場内の真ん中に結構広いスペースがありました。団体の時はここでキャンプファイアーでもするのかな?
初の南淡路シーサイドキャンプ場_広場

広場の奥は炊事スペースになっています。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_炊事棟

多くのかまどが用意してありました。これなら埋まることはないでしょう。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_炊事場かまど

ゴミ捨て場はちゃんと分別の表記があります。扉は別ですが、中はつながっています。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_ゴミ捨て場

そしてトイレ。おもったよりもきれいです。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_男子トイレ

これなら虫嫌いなお子さんでも大丈夫でしょうか?高速道路のSAのトイレと変わりないレベルでした。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_男子トイレ洋式

次にフリーサイトっぽい場所。テントが1つだけ出ていました。バイクとかで来られたのでしょうか?
初の南淡路シーサイドキャンプ場_フリーサイト

散歩もして、BBQもしてお腹も膨れたので休憩です。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_甘えるマオ

犬たちはテントに入れてやるとすでに眠そうな顔をしています。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_眠そうなレナ

そしてそのまま夜に突入。あれ、釣りは?
初の南淡路シーサイドキャンプ場_ランタンに照らされるタープ

実は人が多すぎて、釣り場を確保できませんでした。そんなわけで今回はほとんど釣りしてません。

夜中に少しだけ竿を出しましたが、エギをロストして終わりました。

ですのでおとなしくテントで寝ました。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_目が光ってるマオ

ランちゃんはテント好きです。ご飯を食べたらすぐに入ります。
初の南淡路シーサイドキャンプ場_可愛いラン

レナも好きみたい。単純に寒いからでしょうか?
初の南淡路シーサイドキャンプ場_目つきの悪いレナ

そんな感じで眠りにつきました。そして夜明け前、事件は起こりました。

なんとマオがテント内でおしっこをしました。なんでやねん!

これを機にコーナンテントは引退して、コールマンを買うことに決定。

そして徐々に太陽が覗き始める時間。太陽よりも先に顔を見せたのは雨でした・・・

テントを打つ雨音。わかっていたとはいえへこみます。

とりあえず早めに片付けに入らなければいけないので母親が急ぎでご飯を炊き、前日に作っておいたカレーを食べました。

そこからはもう、地獄絵図でした。雨に濡れながらの撤収作業。

普段なら母親がサボっていても多少は見逃す寛容な僕ですが、今回ばかりは怒号をあげて作業を手伝ってもらいました。

そして二人ともビショビショになって何とか撤収。雨の中でのキャンプ撤収作業を初体験しました。


面白かったならクリックお願いします にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)